タイヤ交換の時期の目安と見極め方

タイヤの交換時期を自分で判断

タイヤは重要なクルマのパーツで消耗品なのですが、愛車のタイヤの交換を適切な時期に行っている方は、意外に少ないと言われます。
あまり理解していないとガソリンスタンドで勧められるまま、あるいは、車検時にあわせて交換されていた、などと売り手側に誘導されて高い金額で、交換のタイミング前に取り換える羽目になりやすいです。
タイヤ交換のタイミングやタイヤに関する正しい認識を持ち、安全運転を心がけるドライバーを目指しましょう。

劣化したタイヤを使い続ける場合のリスク

古いタイヤを装着したままで走行を続けると、高速走行中等にバーストして大きな事故を招くリスクがあります。
また、表面のすり減った溝の無くなったタイヤはグリップ力がなくなっていますので、雨天のぬれた路面でスリップしやすかったり、経年劣化で表面のゴムが固くなれば、コーナーで横滑りをしたりするリスクもあります。
事故を起こさないように、適切な時期にタイヤ交換をする事は、人の命にも影響を与える可能性のあるクルマのドライバーの重要な責務なのです。

交換のタイミング

走行せずとも経年が原因の劣化が進む為、製造から5年程度が1つの目安と言われます。
ただし、走行地域、保管環境、走行方法によって大きな差がある為、最長で5年と捉えると良いでしょう。
製造日をチェックするにはタイヤの側面の径の内側に近い部分に刻まれている4桁数字で見ます。
例えば0118とあれば2018年の第1週目という意味であり、製造年と週を示します。

別途、タイヤがすり減り、溝が浅くなって1.6mmを切るとスリップサインが現れるよう設定されています。
新しいタイヤの溝の深さは約8mmあり、運転の仕方によりますが、溝が1mm摩耗するのはおおむね約5千kmの走行といわれます。
この考え方だと、一般的な走り方の場合、3万km走ると溝の深さは残り2mmとなり、スリップサインを確認する時期のサインになります。
具体的なあらわれ方はスポット的に溝の一部分がなくなり、そうなるとこのタイヤで走行すること自体が法律で禁じられています。
タイヤの側面のひび割れや傷もチェックが必要です。
タイヤの材料には劣化防止のために「ひび割れ劣化剤」という成分が使用されているのですが、経年・紫外線・洗剤など様々な影響で自然に抜けてしまい、バーストの主な原因です。

タイヤの寿命の伸ばし方

タイヤは装着された位置によってかかる負荷が異なるため、一定時期ごとに位置を変えるローテーションを行い、それぞれにかかる負荷を分散すると、4本が全体として摩耗状態が均一となり寿命が伸びます。
ローテーションを実施する期間は、おおむね走行距離約5千kmをめどとします。
走行方法面では、急ブレーキや急発進、高速のままでのカーブへの侵入は、タイヤの摩耗の主な原因です。

また、車庫入れや駐車の時等、クルマを静止させたままハンドルを切るとタイヤの縁が摩耗します。
少しでも車が前後に動く状態を保ってハンドルを切ると、タイヤの摩耗が減り、寿命が伸ばせます。

ワイパーの交換方法

ワイパーブレード、ラバーの交換

ワイパーの原料はゴムで出来ており、長期間使用により破れ、劣化する消耗品です。
使用頻度が少なくても、経年劣化で固くなり正常に水分を拭きとる性能が落ちてしまいます。
使用状況などにもよりますが1年に1度程度は交換が望ましいです。
近年はホームセンターにも安価で売っていますので、交換方法を覚えれば自分で2~3分もあれば、気軽に交換できますので挑戦してはどうでしょう。

ワイパーのパーツは、3つに大別でき、ワイパーアーム(モーターに繋がる駆動パーツ)、ブレード(ガラスに密着させるパーツ)、ラバー(ゴム製のガラスに接するパーツ)に分けられます。
交換のタイミングのポイントは水切れが悪いと感じ出したときです。
ワイパー作動させても筋が残ったり、水の拭き残しが気になりだしたりすれば交換を考えましょう。

このような状態になったときのワイパーラバーは、固くなっていたりゴムが摩耗して溝が出来たりするケースが多いです。
ラバー付きのブレードを取り替える場合はアームとつながる接点のボタンを押してブレードとラバーをそっくり丸ごと替えればよいので、ここでは、ラバーの取り換え方を解説します。

取り換えパーツの準備

カー用品店やホームセンターのワイパー売り場でクルマに合うサイズのパーツを揃えます。
様々なタイプのラバーやブレードが所狭しと並べられていますので、その中から愛車のサイズに合うパーツを選択して購入します。
サイズの合うパーツの購入に必要な情報は、車種名(トヨタ・プリウスなど)、年式、型式です。
不明な場合は「車検証」に記載されていますので、確認しておきましょう。
ワイパーの長さは多くの車種で、基本的に運転席側、助手席側、リヤウインドウで全てサイズが異なりますので注意しましょう。

ラバーの取り換え方法

ブレードを一旦外してラバーを取り替えるときも、そのままラバーのみを取り替えるときも手順はほぼ同様ですのでやりやすい方を選んでください。
ラバーにはストッパの穴が外れにくいように片側に設置されています。
見つけられたらその穴がある側を手前にして、ラバーを手前に引っ張り、ブレードから引き抜きます。

ラバーを引き抜いてみると、ラバーと細い金属棒2本に分割できますが、ラバーはゴムでフニャフニャしますので、金属棒が柱となって、ラバーに芯を与えるとともにラバーをつかみ、ブレードはこの金属を挟み込んでいる仕組みが分かります。
金属の棒は再度取付け時に使いますので、ついていた向きを覚えておきましょう。

続いて新しいラバーの溝に金属の棒を取り付け、ワイパーブレードへ取り付ければ終了です。
このとき、最後のストッパの部分は少々強めに押し込んでしっかりとストッパの穴に入っていることを確認します。

タイヤがパンクしたらどれくらい時間と費用がかかるの?

給料日前にパンクしてしまった、修繕費用などを教えて!

車に乗ろうと駐車場へ行ったら、右のうしろのタイヤのパンクを発見。
タイヤ専門店やカー用品店での修理も考えましたが、今回は、緊急にクルマで出かける要件もありませんし、他に点検してもらいたい箇所もあります。
そのため、ディーラーに持ち込んで対応してもらおうと考えています。
その場合、パンク修理の費用と時間はどの程度かかると見ておけばよいのでしょうか。

単なる修理にとどまらず交換が必要なケースも

クルマのパンクの場合、ケースにより修理では済まずタイヤ交換が必要になることもあります。
パンクは避けがたいトラブルで注意していてもどうしようもありません。
タイヤ専門店やクルマの整備工場等で修理することも可能ですが、他の点検箇所があれば合わせてディーラーで修理するのは良い選択でしょう。
ディーラーには整備工場も付設されており、クルマの点検整備は専門分野です。

パンク発見時の対応

釘などの異物が刺さって空気が抜けたことに気付いたときは、クルマに搭載されている応急処理キットで空気を補てんして、損傷が広範に広がる事を防ぎます。
その後、ゆっくりと低速で慎重に運転して、ディーラーにクルマを持ち込みます。
タイヤがペシャンコになるほど空気が漏れているときは、自走ではなくレッカー移動をしなくてはいけませんので、ディーラーに連絡し相談をしてアドバイスを受けましょう。
深夜等でディーラーに連絡不能なケースは、ロードサービスに依頼してクルマを移動させたのち、後日改めてディーラーに対応のアドバイスを受けます。

パンク修理にかかる料金の相場は?

一口にパンク修理と言っても、応急処置から、内面の修理など、様々な方法と種類があります。
ですので、修理の内容あるいはタイヤの幅や径等のサイズによって費用は様々です。
一般的な目安を示せば、応急処置の場合は、おおむね2千円程度、本格的な内面修理の場合は、例として径が16インチ程度の修理のケースを挙げれば、おおむね5千円程度が相場のようです。
なお、タイヤの交換の場合はまさにタイヤのサイズやグレードによって様々です。
実際にかかる費用については、事前にディーラーに確認して納得した上で持ち込みましょう。

パンクの修理に要する時間は?

タイヤのパンク修理に要する時間は、応急処置であれば1本あたり30分前後と考えておけば良いでしょう。
いかし、単に釘などの異物が刺さっているだけでなく、裂け目が出来るなどのタイヤの状態により、さらに時間を要するケースもあります。
ディーラーに持ち込んで修理して気になる箇所を合わせて点検してもらえれば、飲み物を飲みながらくつろいで過ごせますので苦になりません。
タイヤはクルマの重要パーツなのでチョットした調整ミスが事故に繋がるリスクを持ちます。
自力で安上がりに修理しようとせずに、安全を最優先に考え最も信頼できる業者に依頼することを考えましょう。

車のバッテリーが上がった場合、どう対処すればいいの?

ドライブに出かけていてバッテリーが上がりエンジンがかかりません!

夏休みに家族でドライブに出かけていたのですが、クルマに乗り込み発進しようとエンジンをかけようとしたところ始動しません。
これまでは何のトラブルもなく走行できていたのですが、症状からバッテリーが上がっていることが原因のようです。

このままクルマを置いて別の手段で帰るしかないのでしょうか。
家族の一泊分の荷物に加え土産まで増えており、電車を使って帰るには時間も労力もかかりそうでぞっとしますし、後日の対応もわかりません。
危機を脱するには、どうすれば良いのでしょう。

慌てないことが肝心

バッテリーが上がりクルマが動かなくなれば焦る気持ちはわかりますが、まず焦らないことが肝心です。
エンジンルーム内を見ても車の作りは複雑でわかりませんので、下手に触れると故障や怪我の原因になります。

このトラブルは、JAFの出動で最も多いトラブルで、必ず何とか対応可能ですので、まず焦らぬようにしてください。
この対応策には3つの方策が挙げられますので、ケースバイケースで最適な方策を選んで対応してください。
ただ、いずれも応急処置でバッテリーの寿命であることが多いですので早急に抜本的に対策しましょう。

対応策①.ロードサービスを呼ぶ

クルマに詳しくなくて、自分で対応が出来ない場合は、JAFなどのロードサービスに救援を求め、プロに対応を任せる方策が挙げられます。
JAF会員の場合、会員となって年会費を負担していれば、このようなケースでは別途費用は発生しません。

バッテリーの上がったクルマの所在場所によってJAFの到着時間は異なりますが、現地に到着すれば30分以内には応急処置でバッテリーを充電してもらえますので、自宅に帰るまでは大丈夫です。
JAFに未加入のケースでも1万円強の費用を負担すれば対応してもらえます。

対応策②他の救護車のバッテリーで充電

ブースターケーブルを準備し、救護車両のバッテリー端子とバッテリー上がり車両のバッテリー端子を結んで充電する方法があります。
両者ともエンジンを切った状態で、繋ぐ順序はバッテリー上がり車両「+」端子→救護車両「+」→救護車両「-」→バッテリー上がり車両エンジン金属部の順序です。

次に救援車両のエンジンを、続けてタイミングを計ってバッテリー上がり車両のエンジンも始動させます。
しばらくそのままにしてバッテリーを充電させます。
気を付けるのはつなぎ間違いで、ショートの原因となりますので注意が必要です。

対応策③発電機を用いて対処

ジャンプスターターという発電機を使って、いわば外部の電池を使ってエンジンを始動する方策があります。
この方策であればJAFを呼ぶ手間暇もいらず、救援車を依頼する必要も不要で、手軽だと言えます。
発電機を購入して車に積んでおけば、もしもの時も安心できる道具です。

車とロードバイクの事故の過失割合はどのくらいなのでしょうか?

自転車運転中に車と事故しましたが当方にも賠償責任はあるの?

先日、自転車運転中、相手当事者がクルマの事故に遭いました。
当方のロードバイクの修理費用は20万円程度と見積もられ、相手方車両の修理費用も20万円程度です。
なお、当方は自転車の事故保険には未加入です。
事故の概要は、道幅6m程度の片側2車線道路の交差点における事故で制限時速は40kmですが双方ともそれほど速度は出ていませんでした。

当方は、交差点を直進しようとして交差点に差し掛かったのですが、クルマが左折しようとしていたので、車の左サイドの後部ドアの周辺にぶつかりました。
いわゆるよくあるパターンの巻き込み事故です。
当方のロードバイクは前のスポークとタイヤのリム等が曲がり、交換が必要になり、先方の車はドアの板金塗装などが必要だそうです
自転車を走行中に自動車と事故を起こし起こした場合にも過失割合に相当する損害賠償などの負担が発生すると聞きましたが、本当でしょうか。

基本的には交通弱者の自転車が保護される

一般的に交通事故の補償に考え方は、当事者互いの過失責任の程度に応じて過失割合が決められ、その数値に基づき賠償額が割り当てられます。
当方の過失相当額は、賠償請求額から減額されるので、自分の過失が低いほど自らの負担を低く抑える事に繋がります。
クルマと自転車の事故に関しては、双方ともクルマでの事故に比較すれば自転車側の過失が低くなるように調整されます。

自転車と自動車との比較では、自動車の方が速度も出てボディも大きく安定しており、事故による被害も自転車に比べると小さいからです。
自動二輪でも、同様にクルマ同士の事故に比べると自動二輪の過失を小さくするように調整されますが、自転車の場合は、さらに小さくなるよう調整されます。
このように交通弱者に対しては保護が手厚くなっており、その順番は一般的に自動車、自動二輪車、自転車、歩行者の順番です。

また、考慮すべき自転車特有の問題として、高齢者や小さなこどもも運転するという点が挙げられ、免許制度がないため、俊敏な事故回避動作が期待できない、予測できない行動をとる等の理由で、事故の当事者となった自動車にさららに高い過失割合が求められるケースもあります。

巻き込み事故のケースの負担割合

自転車とクルマとの間で発生する事故に、左折するクルマによる直進自転車の巻き込み事故が多く見られます。
理由は自転車が自動車ドライバーの死角に入っていたことや後方不注意、自転車の速度だし過ぎなど様々です。

質問の事故の場合、多くは原則どおりクルマが9割、自転車が1割とされます。
ただし、調整されることがあり、自転車側の顕著な過失があれば5パーセント、重過失があれば10パーセントが加算されます。
逆に自転車の減算要素として、運転者がこどもや高齢者であれば5パーセント、クルマのウインカー出し忘れ・遅れであれば10パーセントなどの減算がされます。

軽自動車とはどういった自動車ですか?

「市民にクルマを!」の発想で生まれた軽自動車

小さな車は特に第2次世界大戦の敗戦国のドイツやイタリア、日本を中心に「市民が乗れる車を目指して」開発されました。
敗戦国に対しては武器や飛行機等の開発が禁止されたため、戦争中にその産業に関わった技術者の多くが自動車産業に転じたのです。
日本で言えば戦闘機の製造者「中島飛行機」がスバルに生まれ変わったのが好例です。

とりわけ日本では、道幅が狭いことや、材料・燃料に乏しかったことから、極小型のクルマの開発が進められ、これが軽自動車に発展しました。
昭和29年になってようやく排気量が360cc以下とされた規格が制度上定着して、各メーカーで開発が進められるようになります。
その後、通産省(現在の経産省)が提起した「国民車構想」に基づいて、昭和33年には、その丸くて可愛いフォルムからフォルクスワーゲンの「ビートル(カブトムシ)」に対して「テントウムシ」と呼ばれた「スバル360」が誕生しました。

さらに、マツダR360クーペ、続いてスズキ・フロンテ等が続々と登場し軽自動車は最初の全盛期を迎えました。
決定的な軽自動車の定着となったのは、昭和41年に発売された「ホンダN360」で、バイク用の空冷2気筒エンジンのFF車は、若者達の大きな支持を得、日本独自の「軽自動車」というジャンルが市場に確立しました。

規格が拡大された軽自動車

軽自動車は、1954年以降20年以上も継続した排気量360cc時代を経て、高速性能への対応や安全性などの面で進化を続け、排気量が550cc以下に、ボディ寸法の規格も大きく拡大されました。
その後時代の変遷とともに、自動車に係る税制改正や安全走行面の社会のニーズを受けて、1998年には車体の大きさが長さ3400×幅1480×高さ2000各mm以下、排気量660cc以下、定員4名以下という現在の規格が定められたのです。

軽自動車というカテゴリーの税制や各種性能の規格は諸外国から自動車輸入を規制する非関税障壁だという批判を受けることもあり、当面規格が拡大されることはないと思います。
現在の規格の範囲内で軽自動車は日本オリジナルのカテゴリーとして機能の充実が進められるのでしょう。
なお、軽自動車の高速道でのマックス速度は平成12年までは時速80kmでしたが、現在では時速100kmに引き上げられ、普通車と同じということになります。
また、最高出力に関しては64psとされますが、軽にこれ以上必要かと言えばやや疑問に思われます。

バリエーションの多い軽自動車の性能

軽自動車には、2人乗りスポーツタイプ、リアゲート付き4ドアタイプ、ワンボックス・ワゴン、4輪駆動のSUVなど様々な形状があり、性能についても自然吸気エンジンのみならずターボ吸気エンジンなどの高出力エンジンも用意されます。
しかし、何と言っても軽自動車の魅力は、日本の狭い道も苦にしない取り回し性に優れた点です。
狭い敷地や狭い駐車場も苦にしない扱い扱いやすさが人気の秘密です。