車の専門用語

自動車ドライブの違いを知っていますか?

自動車の規格を示す言葉としてよく登場するものの一つに「FF」と「FR」があります。

「FF」も「FR」もエンジンとタイヤの位置を示すための用語で、その自動車が前輪と後輪のどちらがエンジンと接続されているかによって区別されます。

「FF」は「フロントエンジン・フロントドライブ」と呼ばれており、エンジンが前輪に接続されておりアクセルを踏み込むことで前タイヤが連動して動くようになっています

一方の「FR」は「フロントエンジン・リアドライブ」のことで、「FF」とは逆に後輪にエンジン駆動が接続されていることを示します。

ただしエンジンは車体前部のボンネットの内部にあるので、長い連結によって後輪に動力が伝えられるようになっています。

日本車ではあまり見かけませんが同じように「MR(ミッドシップエンジン・リアドライブ)」や「RR(リアエンジン・リアドライブ)」というエンジンが車内中央や後部につけられているタイプの自動車もあります。

見た目はそれほど変わらないのですが、このエンジンと駆動の位置が異なることで走行中のハンドル感覚が変わってくるのでこだわりのある人ほどこれらを重視して車選びをします。

ワンボックスカーとはどういう車か?

ここ最近流行の車種として「ワンボックスカー」があります。

ワンボックスカーのメリットは車体を広く使用することができるという空間設計ですが、これはエンジンスペースを運転席下部にすることにより車体の大きさに対して内部を広く使用することができます。

もともとは荷物を多く積みたい社用車で多く使用されてきた構造なのですが、よりたくさんの荷物を積みたいというユーザーが増えたことにより一般車でも見られるようになりました。

いわゆるミニバンタイプの車ではエンジンルームと乗車・貨物スペースという二つを分けた2ボックスタイプを採用しています。

自動車の維持費のお話

自動車の維持には一体いくらくらいかかるのか

自動車を持つ人にとって悩ましいのが維持費です。

自動車は購入するとき必ず運輸局に登録をすることになりますが、この登録をされた人は同時に自動車に関する税金の支払い義務を負うことになります。

また日本国内で走る自動車は車検制度を受けることになっているので、新車からの初年度は3年、それ以降は2年ごとに車検を修理工場に出し検査を受けないといけません。

このときにも修理費や税金がかかるので所有しているだけでかなりのランニングコストがかかってきてしまいます。

加えて日々のガソリン代や各種メンテナンス費用、洗車などに関する代金を合わせると月額あたりの費用は相当なものになってきます。

全国平均を調べてアンケート調査によると、自動車の1か月あたりの維持費の平均額は1台あたり約15800円となっており、排気量の高いSUV車にもなると月々約23900円がかかるということです。

月々1万~2万くらいとすると年間では20万円以上にもなってくるのでやはりかなり家計に与える影響は甚大です。

修理費もバカになりません

なお上記の価格はあくまでまったく修理をせず事故もなく使用した場合での計算です。
自動車は雨風の日など過酷な状況でも使用することがあり、ワイパーやタイヤなど摩耗により適度に交換をしなくてはいけない部品もあります。

さらにエンジンやエアコンなど主要な部分に故障が起こってしまうと、軽く数十万円の修理費用がかかってきてしまいます。

自動車の維持費を減らすなら、普段から故障を起こさないように小まめに点検をしていくとともに事故を起こさないように安全運転をしていきましょう。

自動車保険の基礎知識

自動車保険には二種類があります

自動車保険には任意保険と強制保険の二種類があります。
普段テレビCMなどで見かける自動車保険は「任意保険」の方で、こちらは保険をかけなくても運転をして罰則を受けることはありません。

一方の「強制保険」は自動車を所有している人なら必ず支払わないといけない保険であり、車検時に同時に請求を受けることになっています。

強制保険は「自賠責保険」とも言われており、全てのドライバーからの保険料をもとに事故があった場合の被害者の救済金のために支払いが行われます。

自賠責保険に加入していない人は同時に車検を受けていないということにもなるので、もし未加入のまま自動車を運転んしていたら事故を起こしたかどうかにかかわらず違反行為があったものとして罰則の対象になります。

ただしこの自賠責保険はあくまでも事故被害者の救済のための保険なので、事故を起こしたときに自分自身が怪我をしてしまったり、自動車の修理が必要になったりしても自賠責保険から保険金が支払われることはありません。

また自賠責保険で相手方に支払われる保険金には限度がありますので、昨今の事故では大抵差額を実費で支払わないといけなくなります。

任意保険を選ぶときのコツ

自動車を運転するなら必ず入っておきたいのが任意保険です。
任意保険はかなり多くの保険会社から提供をされていますが、そのほとんどが人身事故なら保険金は無制限、物損にもかなり高額で対応をすることができます。

交通事故ではどうしても自動車の運転手の過失が厳しく問われるので、もし死亡事故になった場合には数億円の賠償金が請求されることも珍しくありません。
ですのでこの人身事故のためだけにも任意保険に加入しておく価値は十分にあります。

また任意保険の場合にはロードサービスが無料でついてきたり、事故時の示談交渉を代行してくれたりといった便利なオプションがあることがよくあります。

長距離でドライブをするときなどはこうしたサービスがあるかどうかで安心度がかなり異なるので、保険内容の他のオプションにも注意してどれに加入するかを選びたいところです。

ドライブ中に聴きたいおすすめソング

ドライブにぴったりな曲をチョイス

ドライブデートをするときに気を遣うのが車内で聴く音楽です。

学生時代から気になる人を助手席に乗せる時には前日にプレイリストを作っておいて意気揚々と再生していたものですが、これから訪れる場所をイメージしながらドライブソングを編集するというのはとても楽しいものです。

個人的な経験と周囲からの意見からまとめてみると、ドライブに流す歌としてはケツメイシの曲が非常に相性がよいようです。

中でも「夏の思い出」や「よる☆かぜ」あたりは鉄板のドライブソングとしてかなりたくさんの人が選んでいるのを聞いています。

ドライブをしていると運転中にふっと昔のことを思い出したりするものなので、どこか懐かしい匂いのするケツメイシの曲は適度に郷愁を誘ってくれるんでしょうね。

ドライブ用の曲で迷ったらとりあえずケツメイシのベスト盤あたりを流してみるのをおすすめします。

他にもテンション上がる系の曲としてはいきものがかりやperfumeあたりの曲もかなり楽しいドライブのBGMとして使えます。

一人で走るときにも曲選びは大事

車好きにとっては誰かと一緒の時も楽しいですが、時々ふらっと遠くに一人でドライブに行きたくなる瞬間があるものです。

そんなときに気分に浸りながら運転できる曲としておすすめなのが湘南乃風の「睡蓮花」や、ORANGE RANGEの「イケナイ太陽」あたりです。

他にもベタなところでは奥田民生の「イージュー★ライダー」や、KANA-BOONの「フルドライブ」あたりもいかにもドライブという感じがしてテンション上がります。

自分としては一人で海岸線を走りつつ、ゆったり失恋系バラードなんかを聴きながら走るのも好きなんですけどね。

ワインディングロードを走るコツ教えます

山道を安全に走るコツ

初心者にとってハードルが高いのが山道の走行です。
都内なら奥多摩方面に進む道を走っているとしばしば曲がり切れないような大きなカーブに遭遇してきます。

また都内近郊のドライブ名所である箱根方面や日光のいろは坂といったところはぐねぐねと曲がるカーブが多いところとして走り屋が集まる場所となっています。

十分に運転がうまい人にとっては山道走行は楽しいものですが、運転技術に自信がなく慣れていない人にとってはカーブが目の前に現れるたびにおっかなびっくりで進むことになることでしょう。

山道走行においては通常の平坦な場所での運転とは全く異なるテクニックが求められます。
フットブレーキだけでなくエンジンブレーキやコース取りなど、自動車の性能を熟知した運転そのもののうまさが試されるところなので、山道走行がうまいということはそのまま運転技術が高いということになります。

まず最初に心がけてもらいたいのが、「低速運転だから安全」というわけではないということです。

確かに低速でのろのろと走っていれば事故を起こす危険は少なくなるかもしれませんが、気が付けば自分の後ろにぞろぞろと後続車が並んでいるということでは他のドライバーの迷惑になってしまいます。

無理にスピードを出すことはありませんが、低速であればよいという考えも褒められたことではないので適切な場所でスピードを上げるコツをつかんでいきましょう。

上り坂ではスピードを上げ下り坂ではエンブレを使う

とはいえ慣れない下り坂でスピードを上げては曲がり切れず事故を起こしてしまう危険が高まります。
そこで山道でスピードを上げるなら上り坂にするようにしましょう。

急な上り坂ではかなりアクセルを踏み込んでも自然にスピードが落ちてくれるので初心者でも十分踏み込むことができます。

逆に下り坂ではどんどん加速されてしまうので、こまめにフットブレーキをかけるだけでなくエンジンブレーキも上手に使って運転していきましょう。

フットブレーキだけに頼ってしまうと「フェード」と言われるブレーキが過熱してほとんど働かないという状態が起こってしまいます。
フェードが起こり始めると踏み込んでもブレーキの効きが甘くなってきて、フカフカと手ごたえのない踏み心地になります。

なのでもし下り坂の途中でブレーキが効きにくくなってきたと思ったらいったん停車をしてブレーキ部分の熱がとれるのを待ちましょう。

一番良いのはギアを低く入れてスピードが出にくくしてしまうという「エンブレ(エンジンブレーキ)」をうまく使っていくということです。
AT車なら走行中にギアを「D」から「2」に落とすだけでスピードが緩くなるのを体感できます。

神奈川のおすすめドライブスポット

神奈川県をドライブするなら夜がおすすめ

都内の景色とはちょっと違った雰囲気を楽しむことができるのが神奈川県の道路です。

神奈川といえば箱根方面がドライブのメッカとしてよく知られていますが、箱根まで行かなくても東京の近くにも多数のおすすめドライブスポットがあります。

個人的に強く推したいのが神奈川県の夜のドライブで、昼間には見られない特殊な景色があちこちに広がります。

まず一番におすすめなのが「千鳥町」という神奈川県川崎市川崎区にある埠頭の道路です。
やや下火になりましたがこちらは一時大流行した工場夜景の名所であり、夜になると巨大な製油プラントが闇夜の中で動く不思議な光景を見ることができます。

工業都市川崎はあちこちに同じような工場夜景の名所がありますが、中でもこの千鳥町と浮島町は巨大工場の密集地なので一度夜に見に行くことをおすすめします。
まるで近未来の要塞のような雰囲気は一度見ると癖になる魅力があります。

また同じ夜ということで言えば横浜市内にある観光名所「赤レンガ」周辺も夜独特の魅力があります。
赤レンガ周辺にはポートサイド公園やランドマークタワーといったビル群もあるので、デートスポットとしても大変な人気です。

湘南の海を遠景で見る

もう一つ神奈川らしい景色が楽しめるドライブスポットとして湘南平があります。

湘南といえばサーファーなどマリンスポーツファンにとってはおなじみの場所なので、シーズン中にもなるとたくさんの自動車がサーフボードを積み込んで駐車場に停まっている様子を見かけることができます。

湘南の海は遊泳をしても楽しいですが、丘の上から眺める景色としてもとてもよい場所です。
神奈川県平塚市にある湘南平の展望台からはそんな湘南の海と市街地を一望することができるので都会的かつ自然豊かな二度おいしい風景を堪能できます。

また湘南といえばおしゃれなカフェが多いということでも有名です。
パンケーキのお店であるエッグスシングス湘南江の島店は中でも大人気の行列ができるお店となっています。

今時のラーメンブームの発祥となった「家系」は横浜市のお店です。
海外からわざわざ食べに来るお客もいるという「大黒屋」や「家系総本山吉村家」といったところはラーメン好きなら一度は行ってみたいところでしょう。

言うまでもなく中華街に行けば独特の雰囲気と本場にも負けない中華料理を食べられるので、一日かけて食べ歩きをするのに困らない町です。