車の税金に関する基礎知識

車の維持費を比較する

若者の自動車離れの原因の一つとなっているのが、自動車の維持費の高さです。

中でも重くのしかかってくるのが毎年の自動車税や重量税で、そこに車検費用をかけると自動車を所有しているだけで毎年数十万円もの費用がかかることになります。

貯金を崩してなんとか憧れの自動車を購入したけど維持費でいっぱいになって満足に乗れないという人もいるので、購入前には本体価格だけでなく維持費がどれくらいになるかおということもしっかり理解しておかないといけません。

自動車にかかる税金として毎年かかってくるのが「自動車税」です。
これは毎年4月1日を基準にその日に自動車の所有者として登録されている人に対して請求が行われます。

自動車税は普通自動車は都道府県税ですが、軽自動車は市町村税になるというところに違いがあります。

税金額はその自動車の排気量によって価格が異なり、最も安い軽自動車で1万8000円、3ナンバーとなる排気量3000cc~3500ccの車では5万8000円といったようにかなりの違いが出てきます。

また自動車税とは別に車検時に自動車重量税がかかります。
自動車重量税は車両重量によってランクが決められており、かつその自動車のエコ性能によっても割引措置があります。

自分が購入する車がいくらの税金がかかるかについては計算シミュレーターがありますのでそれらを使ってみるとわかりやすいでしょう。

自動車を取得するときにも税金がかかります

自動車に関する税金としてもう一つ知っておきたいのが、自動車を購入するときにかかる自動車取得税です。

自動車取得税とは、新車・中古車かかわらず新しく自動車を購入したときに取引価格に対してかかる金額のことです。

取得価格が50万円以下の場合には非課税となりますが、それ以外の場合には軽自動車・普通自動車それぞれ異なる税率でかかってくるので忘れないようにしたいところです。

なおこの自動車取得税とは別に購入したことそのものにかかる消費税もあります。
2016年時点の自動車取得税は軽自動車で3%、消費税は8%なので、取引価格×1.03×1.08の金額が取得時には必要になります。

その他にも取得時にはディーラーへの手数料や整備費がかかるので必ず見積もりをとってから購入計画を立てるようにしましょう。