自動車保険の基礎知識

自動車保険には二種類があります

自動車保険には任意保険と強制保険の二種類があります。
普段テレビCMなどで見かける自動車保険は「任意保険」の方で、こちらは保険をかけなくても運転をして罰則を受けることはありません。

一方の「強制保険」は自動車を所有している人なら必ず支払わないといけない保険であり、車検時に同時に請求を受けることになっています。

強制保険は「自賠責保険」とも言われており、全てのドライバーからの保険料をもとに事故があった場合の被害者の救済金のために支払いが行われます。

自賠責保険に加入していない人は同時に車検を受けていないということにもなるので、もし未加入のまま自動車を運転んしていたら事故を起こしたかどうかにかかわらず違反行為があったものとして罰則の対象になります。

ただしこの自賠責保険はあくまでも事故被害者の救済のための保険なので、事故を起こしたときに自分自身が怪我をしてしまったり、自動車の修理が必要になったりしても自賠責保険から保険金が支払われることはありません。

また自賠責保険で相手方に支払われる保険金には限度がありますので、昨今の事故では大抵差額を実費で支払わないといけなくなります。

任意保険を選ぶときのコツ

自動車を運転するなら必ず入っておきたいのが任意保険です。
任意保険はかなり多くの保険会社から提供をされていますが、そのほとんどが人身事故なら保険金は無制限、物損にもかなり高額で対応をすることができます。

交通事故ではどうしても自動車の運転手の過失が厳しく問われるので、もし死亡事故になった場合には数億円の賠償金が請求されることも珍しくありません。
ですのでこの人身事故のためだけにも任意保険に加入しておく価値は十分にあります。

また任意保険の場合にはロードサービスが無料でついてきたり、事故時の示談交渉を代行してくれたりといった便利なオプションがあることがよくあります。

長距離でドライブをするときなどはこうしたサービスがあるかどうかで安心度がかなり異なるので、保険内容の他のオプションにも注意してどれに加入するかを選びたいところです。