自動車の維持費のお話

自動車の維持には一体いくらくらいかかるのか

自動車を持つ人にとって悩ましいのが維持費です。

自動車は購入するとき必ず運輸局に登録をすることになりますが、この登録をされた人は同時に自動車に関する税金の支払い義務を負うことになります。

また日本国内で走る自動車は車検制度を受けることになっているので、新車からの初年度は3年、それ以降は2年ごとに車検を修理工場に出し検査を受けないといけません。

このときにも修理費や税金がかかるので所有しているだけでかなりのランニングコストがかかってきてしまいます。

加えて日々のガソリン代や各種メンテナンス費用、洗車などに関する代金を合わせると月額あたりの費用は相当なものになってきます。

全国平均を調べてアンケート調査によると、自動車の1か月あたりの維持費の平均額は1台あたり約15800円となっており、排気量の高いSUV車にもなると月々約23900円がかかるということです。

月々1万~2万くらいとすると年間では20万円以上にもなってくるのでやはりかなり家計に与える影響は甚大です。

修理費もバカになりません

なお上記の価格はあくまでまったく修理をせず事故もなく使用した場合での計算です。
自動車は雨風の日など過酷な状況でも使用することがあり、ワイパーやタイヤなど摩耗により適度に交換をしなくてはいけない部品もあります。

さらにエンジンやエアコンなど主要な部分に故障が起こってしまうと、軽く数十万円の修理費用がかかってきてしまいます。

自動車の維持費を減らすなら、普段から故障を起こさないように小まめに点検をしていくとともに事故を起こさないように安全運転をしていきましょう。