車の専門用語

自動車ドライブの違いを知っていますか?

自動車の規格を示す言葉としてよく登場するものの一つに「FF」と「FR」があります。

「FF」も「FR」もエンジンとタイヤの位置を示すための用語で、その自動車が前輪と後輪のどちらがエンジンと接続されているかによって区別されます。

「FF」は「フロントエンジン・フロントドライブ」と呼ばれており、エンジンが前輪に接続されておりアクセルを踏み込むことで前タイヤが連動して動くようになっています

一方の「FR」は「フロントエンジン・リアドライブ」のことで、「FF」とは逆に後輪にエンジン駆動が接続されていることを示します。

ただしエンジンは車体前部のボンネットの内部にあるので、長い連結によって後輪に動力が伝えられるようになっています。

日本車ではあまり見かけませんが同じように「MR(ミッドシップエンジン・リアドライブ)」や「RR(リアエンジン・リアドライブ)」というエンジンが車内中央や後部につけられているタイプの自動車もあります。

見た目はそれほど変わらないのですが、このエンジンと駆動の位置が異なることで走行中のハンドル感覚が変わってくるのでこだわりのある人ほどこれらを重視して車選びをします。

ワンボックスカーとはどういう車か?

ここ最近流行の車種として「ワンボックスカー」があります。

ワンボックスカーのメリットは車体を広く使用することができるという空間設計ですが、これはエンジンスペースを運転席下部にすることにより車体の大きさに対して内部を広く使用することができます。

もともとは荷物を多く積みたい社用車で多く使用されてきた構造なのですが、よりたくさんの荷物を積みたいというユーザーが増えたことにより一般車でも見られるようになりました。

いわゆるミニバンタイプの車ではエンジンルームと乗車・貨物スペースという二つを分けた2ボックスタイプを採用しています。