秋田のおすすめドライブコース

自然を満喫できる秋田県

秋田県は田沢湖など、自然の豊かさで有名なドライブスポットが多いです。

冬になると豪雪地帯が多くなるため、秋田県でドライブを楽しむ際は、冬季以外で調節したほうが賢明でしょう。
豪雪地帯以外を移動する際も注意が必要で、冬季になると道路全体の凍結が顕著になるため、スリップ事故が発生しやすい道が多い県としても有名です。

その代わり、春から秋にかけて自然を満喫できるという魅力があります。
有名なドライブスポットには田沢湖が存在し、田沢湖は冬でも湖面が凍結しないという特徴を有しています。

なぜ凍結しないのかというと、田沢湖の水深は日本一だからです。
田沢湖の周囲は約20kmとされていますが、今では日本百景の1つとして各種メディアで特集されることが増えてきました。

観光地としても有名なので、田沢湖の周辺にはレストランなどの施設が充実しています。
レストラン近くの景観も素晴らしいので、レストランを意識してドライブコースを選定するのも良いでしょう。

他にも秋田県には、金色のたつこ像など癖の強い観光スポットが存在します。
周囲をぐるっと巡るような形で観光することもできますし、観光地の多い土地という見どころもあるので、観光地から観光地といった、独特なドライブスポットを移動する楽しみまであります。

ドライブスポットが多い秋田県

角館周辺など、身近なところにドライブスポットがあるというのが、秋田県ならではの特徴でしょう。

角館周辺では、春になるとシダレサクラが咲き誇るようになります。
みちつくの小京都とも言われるドライブスポットのため、冬の終わりから夏にかけて多くの観光客が訪れるスポットでもあるのです。

秋田県には玉川温泉のようなスポットもあります。
玉川温泉は毎分9000リットルもの湧出量を誇り、こちらは日本一の湧出量として知られているのです。

温泉地として、他では見られないような景色を楽しめるスポットでもあるため、秋田県屈指のドライブスポットとしても人気になりました。
季節によっては多くの観光客が訪れることもあるため、ドライブスポットではあるのですが、道が混雑しやすいという難点を抱えています。

その他のドライブスポットでは、抱返り渓谷が有名です。
こちらは約10kmも続く景勝地として知られており、ドライブスポットとして有名なだけでなく、遊歩道から回顧ノ滝、百尋滝を見ることができます。

秋田県は年中を通して涼しいという特色もあります。
そのため、気候の良さを意識して春から夏にかけて、秋田県全域をドライブするという楽しみ方も可能ですし、観光地が他県より多い土地でもあるので、飲食、トイレなどの施設を探す際に困ることが少ない長所もあるのです。