ブレーキフルードの確認方法

愛車のブレーキ作動に必須のブレーキ液をチェック

ブレーキフルードの役目は、ブレーキペダルの踏み込みに応じて、マスターシリンダー内のブレーキ液に圧力をかけ、液体に圧力をかけることで圧力は4つの車輪に均等に伝えるのです。

4つの車輪までブレーキ液を通して伝わった圧力はピストンを押し出し、実際に物理的装置を作動させてブレーキを効かせるのです。
基本的にこの原理は、トラックのエアブレーキ以外はどの車も同様で、ブレーキペダルを押す力は調整装置の利用により自動的に適度な圧力となるように調整されます。
ちなみに、一般的に公道を走る市販車は、サイドブレーキにはメカニカルな装置を使用することとされており、レバーやペダルを用いたワイヤー式が主流です。

ブレーキフルードのチェック

多くの乗用車は、エンジンルームの内部にブレーキ系統の油圧発生装置が設置されています。
エンジンルームのドライバー席側を覗けば、黒い円筒上の部品に付属しているシリンダーとブレーキ液を貯めるリザーバータンクが置かれているのが見つかるはずです。

このタンクの側面には、「MAX(最大)」と「MIN(最小)」というマークが付いていますので、この間にフルードの液面があるかチェックします。
ブレーキパッドの摩耗具合により、フルードはブレーキ側に移動しますので、MAXの位置にあった液面が、少し減少しても神経質に継ぎ足さなくてもかまいませんが、MINラインを切るのは厳禁で、あまりに減少していれば追加しましょう。
また、タンクの周辺部分のぬれたような跡の有無は確認が大事です。
ブレーキフルードの減少が顕著な場合は、漏れ出ている可能性も疑われます。

定期的に必要なブレーキフルードの交換

一般的な使用法のクルマであれば車検ごとに交換すればよいのですが、走行距離が多い場合は1年に一度は交換した方が良いでしょう。
理由は、フルードは吸湿性を持ち、使用に従い空気中の水分をフルード内に吸収します。

ブレーキ部分は高熱になりますので、ブレーキ液は高い沸点が求められますが、沸点100℃の水を吸収すれば大幅に沸点が低下します。
その状態ではフルード内に泡が混じる現象が起きブレーキペダルを踏んでも圧力が高まらずブレーキが効きません。
また、フルードが水分を含むとブレーキ関連の各部品の錆の原因ともなってしまいます。
そのため定期的な交換が必要になるのです。

クルマに最適なブレーキ液を選ぶ

幾つかの規格が存在しますが、「DOT」規格が広範に普及しています。
沸騰する温度によってグレードが区分され、カーショップで手軽に手に入るブレーキフルードでは、標準的なDOT-3、少し高性能なDOT-4あたりで十分であると思われます。
ブレーキ液のタンク部分等には、そのクルマメーカー指定のフルードのグレードが記載されていますので、同等以上であれば問題ありません。