スパークプラグの点検例と交換方法

エンジンからの取り外し

取り外すには、専用工具のレンチがいりますが、サイズによってレンチも異なるので、車種・年式を確認してサイズの合う工具を準備します。
最近の主流であるダイレクトイグニション式のプラグの点検方法を見てみましょう。

ボンネットを開け、エンジンの上部にあるプラグカバーを見つけて外します。
カバーを外すと、エンジン気筒数に応じたトップコイルが見えるはずですので、それをエンジンに取り付けているネジを外します。
エンジンにピッタリと貼りついているケースが多いですが必ず浮き上がります。
ただし、無理にこじるのは他の部品が破損しない程度にしましょう。

トップコイル本体が浮き上がれば、カプラ(電気コネクタ)を外し、トップコイルを引き抜きます。
使いやすいように長さを調整したレンチをプラグホールに入れてエンジン本体からプラグを取り外しますが、走行後は熱を持っていますのでやけどしないようにしましょう。

プラグの点検

プラグを取り出せたら最初に電極部分の減り具合や炭の付着の程度を点検します。
メーカーが指定する交換期限が近づいていたり、電極部分がすり減って角が取れていたり、厚く真っ黒く炭が付着していれば交換を行います。
電極の摩耗や炭素の付着の程度がそれほどひどくなければ、清掃の後再利用が可能です。

プラグを交換するケースでも、再利用するケースでも、プラグ性能の向上を目指してコパスリップ(銅グリス)を塗布して取り付けると有効です。
コパスリップはカーレースでは常識となっているほどの優秀な製品で、世界の名だたるレーシングチームで使用されています。
プラグ取付け部からの燃焼ガス漏れを防止したり、通電率を向上させたりすることで、エンジンの出力のロスをなくし、エンジンの最大限のパワーを引き出します。
プラグ交換のケースではそのまま、再利用のケースではパーツクリーナ等と呼ばれる洗浄液でキレイにプラグを清掃し、ネジ部分に残る汚れや油分はブラシで除去しましょう。

プラグを取り付ける際のポイント

コパスリップをプラグへ塗り終えたら、エンジン本体に装着しますが、手順は取り外しの逆手順です。
ポイントは、
1.ネジ山がキチンと突き当たるまで、正しく締まっているという感触を確かめながらまず指で締付けます。
ネジ山がまっすぐ噛み合わず斜めに入ったまま工具で締め付けるとエンジンを痛めるからです。

2.油断ができないのはカプラ(電気コネクタ)の取り付けで、爪がきちんとかかるまで取り付けていないと、走行中に接続が外れると急にエンストとなり、事故にもつながりかねません。
キチンと爪がかかれば「カチッ」と音がしますので、カプラの正しい設置状態を視覚と聴覚で確認しましょう。