ワインディングロードを走るコツ教えます

山道を安全に走るコツ

初心者にとってハードルが高いのが山道の走行です。
都内なら奥多摩方面に進む道を走っているとしばしば曲がり切れないような大きなカーブに遭遇してきます。

また都内近郊のドライブ名所である箱根方面や日光のいろは坂といったところはぐねぐねと曲がるカーブが多いところとして走り屋が集まる場所となっています。

十分に運転がうまい人にとっては山道走行は楽しいものですが、運転技術に自信がなく慣れていない人にとってはカーブが目の前に現れるたびにおっかなびっくりで進むことになることでしょう。

山道走行においては通常の平坦な場所での運転とは全く異なるテクニックが求められます。
フットブレーキだけでなくエンジンブレーキやコース取りなど、自動車の性能を熟知した運転そのもののうまさが試されるところなので、山道走行がうまいということはそのまま運転技術が高いということになります。

まず最初に心がけてもらいたいのが、「低速運転だから安全」というわけではないということです。

確かに低速でのろのろと走っていれば事故を起こす危険は少なくなるかもしれませんが、気が付けば自分の後ろにぞろぞろと後続車が並んでいるということでは他のドライバーの迷惑になってしまいます。

無理にスピードを出すことはありませんが、低速であればよいという考えも褒められたことではないので適切な場所でスピードを上げるコツをつかんでいきましょう。

上り坂ではスピードを上げ下り坂ではエンブレを使う

とはいえ慣れない下り坂でスピードを上げては曲がり切れず事故を起こしてしまう危険が高まります。
そこで山道でスピードを上げるなら上り坂にするようにしましょう。

急な上り坂ではかなりアクセルを踏み込んでも自然にスピードが落ちてくれるので初心者でも十分踏み込むことができます。

逆に下り坂ではどんどん加速されてしまうので、こまめにフットブレーキをかけるだけでなくエンジンブレーキも上手に使って運転していきましょう。

フットブレーキだけに頼ってしまうと「フェード」と言われるブレーキが過熱してほとんど働かないという状態が起こってしまいます。
フェードが起こり始めると踏み込んでもブレーキの効きが甘くなってきて、フカフカと手ごたえのない踏み心地になります。

なのでもし下り坂の途中でブレーキが効きにくくなってきたと思ったらいったん停車をしてブレーキ部分の熱がとれるのを待ちましょう。

一番良いのはギアを低く入れてスピードが出にくくしてしまうという「エンブレ(エンジンブレーキ)」をうまく使っていくということです。
AT車なら走行中にギアを「D」から「2」に落とすだけでスピードが緩くなるのを体感できます。