軽自動車とはどういった自動車ですか?

「市民にクルマを!」の発想で生まれた軽自動車

小さな車は特に第2次世界大戦の敗戦国のドイツやイタリア、日本を中心に「市民が乗れる車を目指して」開発されました。
敗戦国に対しては武器や飛行機等の開発が禁止されたため、戦争中にその産業に関わった技術者の多くが自動車産業に転じたのです。
日本で言えば戦闘機の製造者「中島飛行機」がスバルに生まれ変わったのが好例です。

とりわけ日本では、道幅が狭いことや、材料・燃料に乏しかったことから、極小型のクルマの開発が進められ、これが軽自動車に発展しました。
昭和29年になってようやく排気量が360cc以下とされた規格が制度上定着して、各メーカーで開発が進められるようになります。
その後、通産省(現在の経産省)が提起した「国民車構想」に基づいて、昭和33年には、その丸くて可愛いフォルムからフォルクスワーゲンの「ビートル(カブトムシ)」に対して「テントウムシ」と呼ばれた「スバル360」が誕生しました。

さらに、マツダR360クーペ、続いてスズキ・フロンテ等が続々と登場し軽自動車は最初の全盛期を迎えました。
決定的な軽自動車の定着となったのは、昭和41年に発売された「ホンダN360」で、バイク用の空冷2気筒エンジンのFF車は、若者達の大きな支持を得、日本独自の「軽自動車」というジャンルが市場に確立しました。

規格が拡大された軽自動車

軽自動車は、1954年以降20年以上も継続した排気量360cc時代を経て、高速性能への対応や安全性などの面で進化を続け、排気量が550cc以下に、ボディ寸法の規格も大きく拡大されました。
その後時代の変遷とともに、自動車に係る税制改正や安全走行面の社会のニーズを受けて、1998年には車体の大きさが長さ3400×幅1480×高さ2000各mm以下、排気量660cc以下、定員4名以下という現在の規格が定められたのです。

軽自動車というカテゴリーの税制や各種性能の規格は諸外国から自動車輸入を規制する非関税障壁だという批判を受けることもあり、当面規格が拡大されることはないと思います。
現在の規格の範囲内で軽自動車は日本オリジナルのカテゴリーとして機能の充実が進められるのでしょう。
なお、軽自動車の高速道でのマックス速度は平成12年までは時速80kmでしたが、現在では時速100kmに引き上げられ、普通車と同じということになります。
また、最高出力に関しては64psとされますが、軽にこれ以上必要かと言えばやや疑問に思われます。

バリエーションの多い軽自動車の性能

軽自動車には、2人乗りスポーツタイプ、リアゲート付き4ドアタイプ、ワンボックス・ワゴン、4輪駆動のSUVなど様々な形状があり、性能についても自然吸気エンジンのみならずターボ吸気エンジンなどの高出力エンジンも用意されます。
しかし、何と言っても軽自動車の魅力は、日本の狭い道も苦にしない取り回し性に優れた点です。
狭い敷地や狭い駐車場も苦にしない扱い扱いやすさが人気の秘密です。