車のいたずら対策についてアドバイス下さい

Q.近所で自動車のいたずら事件が頻発しているのですが

私の住んでいる地域ではここ数か月で駐車中の自動車にいたずらをされるという事件が頻発しているそうです。

防犯のチラシとして「気を付けましょう」とはあるのですが、具体的にどういったことに注意をすればよいかがわかりません。

私の家は専用敷地内の駐車スペースを使用しているので、夜間にこっそり入られてしまうと防ぎようがないのです。
自動車へのいたずらを防ぐための方法は何かあるのでしょうか?

A.「防犯対策をしている」とアピールするだけでも効果があります

自動車へのいたずらとしてよくあるのが、ボディ部分へのいたずら書きやひっかき傷、タイヤのパンクなどといったものです。

悪質な場合には放火をしたりする事例もあるようですが、そこまで目立ったことをするには犯人も場所を選ぶので人の出入りの多い集合駐車場ではそれほど危険はないものと思われます。

いたずら防止対策として最も有効なのが「この車は防犯対策をしています」ということを外側からわかるようにするということです。

具体的には駐車場敷地内に防犯カメラを設置し「防犯カメラ作動中」という看板を目立つ場所に掲げたり、車内に盗難対策用のアラームやランプを設置するといった方法です。

自宅駐車場であれば人感センサーのように車に近づくだけで周囲が明るくなるという装置を付けるのも有効でしょう。

駐車場の管理人からの協力が得られないという場合には、ドラレコなど車内から撮影できるカメラを設置しておくということもできます。

極端な話ですが、実際に撮影がされなくてもカメラ状のものが設置されているだけでかなり抑止力にはなるのでそうしたダミーグッズを試してみてはどうでしょうか。

またもし本当にいたずらにあった場合には泣き寝入りをしないで必ず警察に連絡をするようにしましょう。

このときできるだけ現場の様子をそのままにしておいて、しっかり事件として届け出をしておくことにします。
事件として届け出をしておけばもし犯人が見つかった場合に損害賠償の請求などがしやすくなります。

いたずらとはいえ実際にいたずらを受けてしまうと修理代が高くついてしまいますので、対応できる車両保険に加入しておくということも重要です。